Home SamurizeScript SamurizeScriptの使い方

SamurizeScriptの使い方

  1. ダウンロードしたファイルを解凍して出来たファイルをSamurizeのScriptsフォルダに移動してください。
    (例:C:\Program Files\Samurize\Scriptsなど)
  2. Samurizeのコンフィグ画面で「メーターの追加」から「アクティブスクリプト」を選びます。
  3. 「情報」タブの「スクリプトの選択」から先ほど解凍したファイルを選びます。
  4. 「実行する関数」は「Update」を選びます。
  5. 「テスト」ボタンを押して「実行結果」にきちんと表示が出ればokです。
  6. 各種設定は「スクリプトの編集」ボタンを押してスクリプトファイルを編集をしてください。
    (設定項目については各スクリプト、添付のReadme.txtなどに書いてありますので参考にしてください)

一部のスクリプトでは実行結果をファイルに出力するものがあります。

  1. これらのスクリプトでは最初に「スクリプトの編集」でスクリプトファイルを開いて「TempFile」という項目を設定してください。この項目は出力先ファイル名をフルパスで指定します。
    (例:C:\Program Files\Samurize\Configs\YomiNews.txt)

    '出力先ファイル
    TempFile = "C:\Program Files\Samurize\Configs\YomiNews.txt"
    
  2. 「メーターの追加」から「テキストファイル」を選びます。
  3. 「情報」タブの「参照先」にはスクリプトで指定したファイルを選びます。
  4. 「表示行」、「表示行数」はそれぞれお好みで設定してください。
  5. 「常時読み込み」にチェックを付けておくといいでしょう。
© ttsoft.jp
credit